病気を改善する

医療器具

転移がんの治療にはこちらのサイトで紹介している体に優しい治療法がおすすめです。詳しく効果について説明していますよ。

日本人の死亡率で多いとされている病気の一つでがんがあります。がんは初期症状であれば治療をすることにより改善することができますが、症状発見が遅れてしまうと治療をしても手遅れの状態になってしまいます。がんの種類によって見つけるのはとても困難なことですが、普段から自分の身体について気をつけておくことで未然に病気を防ぐことができます。がんの中でも大腸がんは現在死亡率が高くなっている病気で、欧米化に伴ってがんになる人が増えてきています。大腸がんになる原因は主に炭水化物や糖分などの過剰摂取による不規則な食生活や、環境問題などが挙げられています。これらの原因が蓄積することによって大腸がんになりやすくなるので、毎日健康的な生活を目指したいのなら日頃から正しい生活習慣を心がけることが大切です。

大腸がんであるかどうかは病院で検査をすることで判明することができます。病院ではまず問診を行なって、その後は便潜血検査を行ないます。便を調べることによってわずかに混じった血液から大腸がんであるかが特定可能です。大腸がんは早期発見することで治療が可能になるため、少しでも身体に異変を感じたらまずは病院で検査を受けると良いです。発見が遅れると大腸がんのみならず他の臓器に転移して別のがんが発生している可能性もあります。大腸がんの治療法は主に内視鏡治療や手術治療、化学療法、放射線治療などが行われています。

  • 大腸がんの症状を知る

    点滴

    大腸がんは初期症状が出にくいがんとして知られています。進行して初めて症状に気付くケースがほとんどです。初期の段階であれば、100%近い確率でがんに気付くことができます。

    Read more
  • 保存治療について

    手袋をする医者

    高齢者に多い腰部脊柱管狭窄症では、薬物療法や理学療法などを行いながら症状の改善を目指していきます。症状が悪くなった場合には手術も行なわれているのです。手術には何通りかの方法があり、それぞれ費用も異なります。

    Read more
  • 体を動かそう

    手術着を着た三人の医者

    圧迫骨折とは脊椎が重力の方向に衝撃を受けることで、骨折し潰れる状態のことをいいます。圧迫骨折を起こしている脊椎は、体幹を強く屈曲させたり回旋させたりすると骨折の治療期間を長引かせ、神経を傷つけてしまう恐れがあります。

    Read more